【五行歌】夜明けのクラシックコンサート

ふるえる詩
夜明けの川岸は
クラシックコンサート会場
風、虫、鳥、光
生命の音色が
こだまする

私の父方の実家は、大分県宇佐市の安心院町にあります。
スッポンのすむ川として知られる津房川がそばを流れています。

早朝の川岸で、坐禅しました。

朝を告げる虫や鳥の鳴き声が響いています。
川のせせらぎは、時のリズムを刻む指揮者のようです。

地球の交響楽団が、生命の音色を響かせているように聴こえてきます。
クラシックコンサートホールにいるかのような心地になってきました。

夜明けの川岸は
クラシックコンサート会場
風、虫、鳥、光
生命の音色が
こだまする

5+

☆—–☆—–☆—–☆—–☆—–☆—–☆—–☆—–☆—–☆—–☆—–☆
この記事を最後まで読んでくださった方へ特別なお知らせ!

【自分の軸を見つけて、なりたい自分になる5大特典を今だけ無料プレゼント中

 

①自分を整える「自己肯定感シート
②ブレない自分へ「価値観発見シート
③あなたの強みが見つかる「強み丸わかりシート
④あなたが満たされる仕事がわかる「ミッション言語化シート
⑤読むだけで楽になる!新聞記者をやめてコーチに転身した実話マンガ(非売品)

LIΝEお友だち登録をしていただくだけで、すぐに手に入ります!

▽お友だち登録はこちらから
https://lin.ee/jjVGuLZ